HOME 製品案内 代理店販売 関連トピックス 会社案内 お問合わせ
関連トピックス
耐圧防爆構造、危険場所の種類

危険場所の分類 労働省産業安全研究所技術指針 工場電気設備防爆指針 ガス、蒸気爆発より

1. 種危険場所
一種場所とは、通常の状態において、危険ふん囲気を生成するおそれがある場所をいい、電気機器の選定においては、内圧防爆構造が原則であり耐圧防爆構造の製品をおすすめ致します。
d2G4仕様の パッキン式コネクターJPX フレキシブルフィチング JX
2. 種危険場所
2種場所とは、異常な状態において、危険ふん囲気を生成するおそれがある場所をいい、電気機器の選定においては、安全増構造をおすすめ致します。
eG4仕様の フレキシブルフィチング JS
0種危険場所
0種場所とは、危険ふん囲気が通常の状態において、連続して又は長時間持続して存在する場所をいい、電気機器類等の使用は避けることが望ましい。



防爆構造

工場及び事業所において、プロパン、ガソリン、シンナー等の爆発性ガス雰囲気中で電気
機器を使用して作業を行う場合、一般の電気機器を使用すると、電気機器が発生する電気
花火、熱によりガスに引火し爆発する危険があります。
このような危険な場所でも安全に取扱作業が出来る様に設計し、かつ労働省の検定に合格
し、認定された電気機器が「防爆構造」の電気機器です。

▲このページのTOPへ戻る



防爆構造の種類

防爆構造にはその電気機器のクラス分けに応じて使用可能なガスの種類が定められ、
6種類の構造に分類されています。

耐圧防爆構造 記号(d) 耐圧防爆構造とは、全閉構造で容器内部で爆発性ガスの爆発が起こった場合に、容器がその圧力に耐え、かつ、外部の爆発性ガスに引火するおそれのないようにした構造をいいます。
油入防爆構造 記号(o) 油入防爆構造とは、電気機器の電気火花又は、アークを発する部分を油中に納め、油面上に存在する爆発性ガスに引火するおそれがないようにした構造をいいます。
内圧防爆構造 記号(f) 内圧防爆構造とは、容器の内部に保護気体(清浄な空気又は、不活性ガス)圧入して内圧を保持することによって爆発性ガスが侵入するのを防止した構造をいいます。
安全増防爆構造 記号(e) 安全増防爆構造とは、正常時及び事故時に発生する電気火花、又は、高温部を生じてはならない部分に、これらが発生するのを防止するように、構造上及び温度上昇について、特に安全度を増加した構造をいいます。
本質安全防爆構造 記号(i) 本質安全防爆構造しは、正常時及び事故時に発生する電気火花、又は、高温部により爆発性ガスに点火しないことが、公的機関において試験その他によって確認された構造をいいます。
特殊防爆構造 記号(s) 特殊防爆構造とは、記号(d.o.f.e.i)以外の構造で、爆発性ガスの引火を防止できることが、公的機関において試験その他によって確認された構造をいいます。

▲このページのTOPへ戻る



危険場所と防爆構造の適用例

危険場所 防爆構造
本質安全防爆 耐圧防爆 内圧防爆 安全増爆 油入防爆
0種場所        
1種場所    
2種場所

△常時点火源となる部分を内蔵するものはならべく避けることが望ましい。

▲このページのTOPへ戻る



防爆構造の種類

 d 耐圧防爆構造
 o 油入防爆構造
 f  内圧防爆構造
 e 安全増防爆構造
 i 本質安全増防爆構造
 s 特殊防爆構造
 
爆発等級の分類

爆発等級 スキ奥行25mmにおいて火炎逸走を生ずるスキの最小値
1 0.6mmを超えるもの
2 0.4mmを超え、0.6mm以下のもの
3 0.4mm以下のもの
d2G4
     
記号の読み方

爆発性ガスの火炎逸走限界(標準容器による)の値に従って等級が決められ、又、ガスの発火点の範囲によっても分類され、防爆構造の電気機器に許される対象ガスを表したものです。
 
発火度の分類

発火度 発火点
G 1 450℃を超えるもの
G 2 300℃を超え450℃以下のもの
G 3 200℃を超え300℃以下のもの
G 4 135℃を超え200℃以下のもの
G 5 100℃を超え135℃以下のもの
G 6 85℃を超え100℃以下のもの

▲このページのTOPへ戻る



対象とする爆発性ガスの爆発等級及び発火度参考資料

物質名 爆発等級 発火度 発火温度 引火点 爆発限界 蒸発密度
vo1% vo1% 空気=1
アクリル酸エチル 1 G2 350 9 1.7 - 3.45
アクリル酸メチル 1 G2 415 -3 2.4 25 2.97
アクリロニトリル 1 G1 480 -5 2.8 28 1.83
亜硝酸エチル 1 G6 90 -35 3.0 50 2.59
アセチルアセトン 1 G2 340 34 1.7 - 3.45
アセチレン 3 G2 305 ガス 1.5 100 0.90
アセトアルデヒト 1 G4 140 -37.8 4.0 57 1.52
アセトニトリル 1 G1 525 2 3.0 - 1.42
アセトン 1 G1 540 <-20 2.5 13 2.00
アンモニア 1 G1 630 ガス 15.0 28 0.59
イソオンタン 1 G2 410 -12 1.0 6 3.94
イソブタノール 1 G2 430 27 1.7 - 2.55
イソブチルメチルケトン 1 G1 475 14 1.2 8.0 3.46
イソプレン 2 G3 220 -53.9 1.0 9.7 2.35
イソペンタン 1 G2 420 - 1.3 7.6 2.49
一酸化炭素 1 G1 605 ガス 12.5 74 0.97
エタノール 1 G2 425 12 3.5 19 1.59
エタン 1 G1 515 ガス 3.0 15.5 1.04
ヂエチルエーテル 1 G4 170 -45 1.7 36 2.55
エチルメチルケント 1 G1 505 -1 1.8 11.5 2.48
エチレン 2 G2 425 ガス 2.7 34 0.97
エチレンオキシド 2 G2 440 ガス 3.0 100 1.52
エピクロロヒドリン 1 G2 385 28 2.3 34.4 3.29
塩化イソプロビル 1 G1 590 -32.2 2.8 10.7 2.71
塩化ビニル 1 G2 415 ガス 3.8 29.3 2.16
塩化ブチル 1 G3 245 -12 1.8 10.1 3.20
オクタン 1 G3 210 12 0.8 6.5 3.94
o−キシレン 1 G1 465 30 1.0 7.6 3.66
m−キシレン 1 G1 525 25 1.1 7.0 3.66
P−キシレン 1 G1 525 25 1.1 7.0 3.66
クロロベンゼン 1 G1 590 28 1.3 11.0 3.88
酢酸 1 G1 485 40 4.0 17 2.07
酢酸イソベンチル 1 G2 380 25 1.0 10 4.49
酢酸エチル 1 G1 460 -4 2.1 11.5 3.04
酢酸ビニル 1 G2 385 -8 2.6 13.4 2.98
酢酸ブチル 1 G2 370 22 1.2 7.5 4.01
酢酸プロビル 1 G2 430 10 1.7 8.0 3.52
酢酸ペンチル 1 G2 375 37 1.0 - 4.49
酢酸メチル 1 G1 475 -10 3.1 15 2.56
シアン化水素 1 G1 535 <-20 5.4 46.6 0.93
シクロヘキサノン 1 G2 430 43 1.3 9.4 3.38
シクロヘキサン 1 G3 260 -18 1.2 8.3 2.90
臭化エチル 1 G1 510 <-20 6.7 11.3 3.76
ジイソブロピルエーテル 1 G2 405 -27.8 1.4 21 3.53
1.4ジオキサン 1 G2 375 11 1.9 22.5 3.03
1.2ジクロロエタン 1 G2 440 13 6.2 16 3.42
1.1ジクロロエチレン 1 G1 530 -10 5.6 16 3.35
1.2ジクロロエチレン 2 G1 460 6 9.7 12.8 3.35
ジブチルエーテル 1 G4 175 25 0.9 8.5 4.48
ジメチルエーテル 1 G4 175 25 0.9 8.5 4.48
硝酸エチル 3 G6 85 10 3.8 - 3.10
水素 3 G1 560 ガス 4.0 75.6 0.04
スチレン 1 G1 490 32 1.1 8.0 3.59
チオフェン 1 G2 395 -9 1.5 12.5 2.90
テトラヒドロフラン 1 G3 230 -20 2.0 12.4 2.49
デカン 1 G3 205 46 0.7 5.4 4.90
1.2.3.トリメチルベンゼン 1 G1 485 50 1.1 7.0 4.15
トルエン 1 G1 535 6 1.2 7.0 3.18
二硫化炭素 3 G5 102 -30 1.0 60 2.64
1.3ブタジエン 2 G2 415 ガス 1.1 12.5 1.87
フラン 1 G2 390 <-20 2.3 14.3 2.35
1-ブタノール 1 G2 340 29 1.4 11.3 2.55
ブタン 1 G2 365 ガス 1.5 8.5 2.05
ブチルアルデヒド 1 G3 230 -6.7 1.4 12.5 2.48
2-プロパノール 1 G2 425 12 2.0 12 2.07
プロパン 1 G1 470 ガス 2.1 9.5 1.56
プロピレン 1 G2 410 ガス 2.0 11.7 1.49
プロピレンオキシド 2 G2 430 -37.2 1.9 24 2.00
1-ヘキサノール 1 G3 290 63 1.3 - 3.53
ヘキサン 1 G3 240 -21.7 1.2 7.4 2.79
ヘプタン 1 G3 215 -4 1.1 6.7 3.46
ベンゼン 1 G1 555 -11 1.2 8.0 2.70
ベンゾトリフルオリド 1 G2 620 12 - - 5.04
1−ペンタノール 1 G3 300 32.8 1.2 11 3.04
ペンタン 1 G3 285 <-40 1.4 7.8 2.49
無水酢酸 1 G2 330 49 2.0 10.2 3.52
メタクリン酸メチル 1 G2 430 10 2.1 12.5 3.45
メタノール 1 G1 455 11 5.5 44 1.10
メタン 1 G1 595 ガス 5.0 15.0 0.55
2-メチルヘキサン 1 G3 280 < 0 2.1 13 3.46
3-メチルヘキサン 1 G3 280 < 0 - - 3.46
硫化水素 2 G3 270 ガス 4.3 45.5 1.19
ガソリン 1 G3 〜260〜 <-20 1 7 3〜4
水性ガス 3 G1 〜600〜 ガス 6 72 0.6〜07
石炭ガス 2 G1 〜560〜 ガス 4 40 0.5〜06

▲このページのTOPへ戻る




▲このページのTOPへ戻る

株式会社 ジョイント工業

〒 121-0824 東京都足立区西伊興2-2-13
TEL : 03-3854-1111 / FAX : 03-3853-3011
e-mail : joint@flexibletube.com
copyright (C) 2006 株式会社 ジョイント工業 . All rights reserved,